クレジットカードの現金化は違法ではない!利用のリスクと注意点を徹底解説

違法かどうか

クレジットカードの現金化ってどこか怪しいような気がするし、違法なのかもよくわからない…
クレジットカードの現金化はピンチの時にとても助かる方法ですけど、違法なのであれば利用する意味はないですよね。

しかし結論から言いますと、クレジットカードの現金化は違法ではありません。

この記事では違法ではない正確な理由安全な現金化方法についてまとめました!
5分程度で読み終わる記事ですので、是非最後まで読んでください!

この記事を読むと分かること
・クレジットカードの現金化が違法ではない正確な理由分かる
・クレジットカードを最も安全に現金化する方法が分かる

クレジットカードの現金化が違法でない3つの理由

間違いを指摘する男性
クレジットカードの現金化が違法ではない3つの理由
・公安委員会の許可を受けている
・景品表示法に違反していない
・違法とする法律を作りにくい

公安委員会の許可を受けている

クレジットカード現金化の業者は、悪徳業者でない限り、公安委員会(警察を管理する組織)の許可を得て営業しています。
現金化業者は、ゲーム機の買取業者やリサイクルショップと同じような業務をやっていいという許可が取れているわけです!

景品表示法に違反していない

景品表示法というのは、簡単にいうと「賞金や景品の価格の上限を20%に定める」法律です。
ここで、クレジットカードを現金化することによる現金のキャッシュバックは20%分までしか行えないのではないか、という疑問が生まれてきます。
しかし、キャッシュバックの場合に限り、上限が定められていないのです。
つまり、クレジットカードの現金化で、90%分のキャッシュバックを受けても景品表示法には違反していないということになります。
これは携帯会社がキャンペーンでやっている〇万円キャッシュバックと同じ仕組みです!

違法とする法律が作りにくい

クレジットカードの現金化は「客の需要に応じた商行為」であり、違法とする法律が作りにくいというのが現状です。
つまり、「利用者が単に買い物してるだけ」なのか、「現金化のために買い物している」のかの線引きが非常に難しいということです。
利用者の意思をくみ取ることまではさすがにできないので、今後もクレジットカード現金化を違法とする法律を作るのは難しい気がします。

クレジットカード現金化する際に気をつけるべき3つのポイント

注意喚起

クレジットカードの現金化が違法でないことはわかったと思います。
以下では、クレジットカードを実際に現金化する際に気を付けるべき3つのポイントについて解説します!

クレカを現金化する際に気を付けるべき3つのポイント
・優良業者の見極めが必要
・ショッピング枠の残高が必要
・現金化は無理のない範囲で!

優良業者の見極めが必要

クレジットカードの現金化業者には手数料を多くとったり、そもそも入金を行わなかったりする悪徳業者が存在します。
このような業者に騙され被害に合わないためにも、しっかりとしたサイトから優良業者を見極めることが大切です。

クレジットカードのショッピング枠の残高が必要

当たり前ですが、クレジットカードの現金化にはショッピング枠に利用可能な枠があることが必須です。
現金化をする前に、自分のクレカのショッピング枠の残高を確認しておきましょう。
逆に、キャッシング枠を使いきってしまった人でも、ショッピング枠に空きがあれば現金化することは可能です!

現金化は無理のない範囲で!

クレジットカードの現金化は手軽にできてしまうものなので、支払いが困難になってしまう事例も多々あります。
クレジットカードの現金化はあくまで一時的な処置だと思って、無理のない範囲で現金化するようにしましょう。
このことに関して国民生活センターの方でも注意喚起がなされています。
(参照:国民生活センターの注意喚起

クレジットカードを自分で現金化するのはとても危険

クレジットカード

「新幹線の回数券」「Amazonギフト」を使って自分で現金化したいと考えている人は多いのではないでしょうか。
ただし、これらの方法を含め、自分でクレジットカードを現金化することはとても危険です。
以下では、自分での現金化が危険な理由や安全な現金化方法について解説していきます!

自分でクレカを現金化するのが危険な2つの理由

自分でクレカを現金化するのが危険な理由
・クレカが利用停止になるリスクがある
・利用金額の一括返済を求められることがある

クレジットカードが利用停止になるリスクがある

クレジットカードの現金化は違法ではありませんが、カード会社の利用規約には違反しています。
自分で現金化しているのがバレた場合、クレジットカードが利用停止になってしまいます。
最悪の場合金融ブラックリスト入りし、2度とクレジットカードが使えなくなってしまう可能性もあります。
三井住友カードの公式サイトでもクレジットカードの現金化の注意喚起が行われていました。
(参照:三井住友カードの注意喚起

現金化した金額の一括返済を求められる可能性がある

もし、金融ブラックリスト入りし、クレジットカードを強制解約させられてしまうと、「これまでの利用分を一括で返済する」ことが求められます。
ショッピング枠で現金化した分だけでなく、キャッシング枠で借りていた分の返済も要求されるので、かなり厳しい状況になってしまいますね。

インターネットのクレカ現金化業者を使うと安全

インターネットの取引

クレジットカードを現金化する際にはインターネットの業者を使うのが最も安全です。
インターネットのクレカ現金化業者は、公安委員会の認可を受けて営業し、法律も遵守しているため、クレジットカードが利用停止になるリスクがないです。
ただし、法律を遵守していなかったり、詐欺を行うグレーな悪徳業者も多いです。
クレカ現金化業者を利用する際にはしっかりと優良業者を見極めましょう!

違法性がなく安全なジョイフルでの現金化がオススメ!

ジョイフル

ジョイフルは数ある現金化業者の中でも1番オススメできる優良業者です。
クレジットカードを合法かつ安全に現金化したいのであれば、ジョイフルの利用がオススメです!

ジョイフルの特徴
・クレジットカードが利用停止になった事例は今までで1度もない
・換金率が90~98.5%と業界トップクラス!
・最短3分で入金されるので、ピンチの時に助かる!

ジョイフルは利用者が18万人もいるにも関わらず、クレジットカードが利用停止になるなどの事例は今までに1度もない、非常に安全度の高い業者です!
90~98.5%の換金率最短3分での入金は業界トップクラスで、ジョイフルは総合力NO1の業者と言えます。
ジョイフルの申し込みは2分程度で終わりますので、まずは希望する金額が現金化できるかどうかだけでもチェックしてみてください!

また、ジョイフル以外にも安全度の高い優良業者をチェックしたい場合はコチラの記事を確認してみてください!