自分でクレジットカードを現金化する方法6選!換金率が高い商品をまとめて紹介!

クレジットカードと現金

業者を使わずに自分でクレジットカードを現金化したいということもあるのではないでしょうか。
そのようなとき、金券(ギフトカード・新幹線の回数券など)やブランド品、ゲーム機など多数のやり方が考えられますが、そのなかでオススメの手法はAmazonギフトを使ったものです。

しかし、いずれの手法もクレジットカードが利用停止になるというリスクが高く、正直なところ、あまりオススメできる手法とはいえません。
安全に現金化をしたいのであればインターネットの業者を使うべきでしょう。

それでも、どうしてもご自分で現金化をする必要があるという方のために、今回は自分でクレカを現金化する方法6選をご紹介いたします!
自分がどのような手法で現金化するのが一番良いのか、正しく判断できるようになると思います。
ぜひ、最後までチェックしてみてください!

【自分で現金化】換金率の高い商品6選!

ご自分で現金化するのであれ業者を使うのであれ、なるべく高い換金率で現金化したいものですよね。
そこで、まずは換金率の高い商品を一覧表でご紹介し、それぞれを詳しくご説明していきます!

換金率の高い商品6選の比較表

換金率の高い商品6選の比較表
方法 換金率 停止リスク 手軽さ
Amazonギフト 90%程度
新幹線の回数券 90%程度
ブランド品 75%程度
ゲーム機 70%程度
金券・ギフト券 90%程度
ヤフオクを使う 90%程度

Amazonギフト

Amazonギフトを使った現金化の特徴まとめ
・換金率が高い
・インターネット上のみでも現金化できる
・手間がかかる
Amazonギフトを使った現金化の特徴一覧表
換金率 クレジットカード利用停止リスク 現金化までの時間
90%程度

Amazonギフトは換金率も高く安定した現金化が望める手法です。
ただし、クレジットカード利用停止リスクも高く、買い手がつくまでは現金化できないというデメリットもあります。
時間的に余裕がない人は別の手法を検討しましょう。

Amazonギフトとは
Amazon内でのみ使えるプリペイド型ギフト券。
紙やカード型以外にメールタイプのギフトがあり、インターネット上だけでも贈答が完結できることが大きな特徴です。

新幹線の回数券

新幹線の回数券を使った現金化の特徴まとめ
・換金率が90%程度と高い
・現金化の仕方が簡単
・クレジットカード利用停止リスクが極めて高い
新幹線の回数券を使った現金化の特徴一覧表
換金率 クレジットカード利用停止リスク 現金化までの時間
90%程度

新幹線の回数券を使ったクレジットカード現金化は、もっとも代表的な手法です。
新幹線のチケットをクレジットカードで購入して他の店舗に売却するだけという単純な手法でありながら、換金率が高いのが大きな特徴です。
しかし、あまりに有名な手法なためクレジットカード利用停止リスクが非常に高いという致命的なデメリットがあります。

新幹線の回数券の現金化がバレやすい3つの理由とは?バレずに現金化するコツも徹底解説!

2018.12.16

ブランド品

ブランド品を使った現金化の特徴まとめ
・クレジットカード利用停止リスクが低い
・少額なブランド品では換金率が低い
・持ち込む手間と査定の時間がかかる
ブランド品を使った現金化の特徴一覧表
換金率 クレジットカード利用停止リスク 現金化までの時間
75%程度

クレジットカード利用停止リスクをなるべく低くおさえた手法として、ブランド品を使った現金化が挙げられます。
ただ、ブランド品は換金率があまり高くなく、少額の商品ではさらに換金率が悪くなります
また、買取店まで持ち込んで査定をしてもらうという手間と時間もかかってしまいます。

ブランド品を使ったクレカの現金化の換金率を価格帯別に徹底解説!

2018.12.23

ゲーム機

ゲーム機を使った現金化の特徴まとめ
・クレジットカード利用停止リスクが低い
・換金率が70%程度ととても低い
・持ち込む手間と査定の時間がかかる
ゲーム機を使った現金化の特徴一覧表
換金率 クレジットカード利用停止リスク 現金化までの時間
70%程度

ゲーム機を使った現金化もクレジットカード利用停止リスクが低くおさえられます。
しかし、やはり換金率は70%程度と低く、ブランド品と同じく持ち込む手間と査定の時間が必要になります。
また、高額なゲーム機というのもあまり存在しないため、多額の現金化には向かない手法です。

ゲーム機を使ってクレカ現金化をするオススメの方法を徹底解説!

2019.01.07

金券・ギフト券

金券・ギフト券を使った現金化の特徴まとめ
・換金率が90%程度と高い
・クレジットカードが利用停止になる可能性が高い
・商品を入手しにくい
金券・ギフト券を使った現金化の特徴一覧表
換金率 クレジットカード利用停止リスク 現金化までの時間
90%程度

金券・ギフト券を使ったクレジットカード現金化は高い換金率が魅力ですが、クレジットカード利用停止リスクは高くなってしまいます。
また、金券・ギフト券は通常、クレジットカード決済ができず、現金化目的で金券類を調達するには裏技を使う必要があります。

ギフトカードを使ってクレジットカードを現金化する裏技とメリット・デメリットをを徹底解説!

2019.01.20

ヤフオクを使う

ヤフオクを使った現金化の特徴まとめ
・換金率が90%と高い
・アカウントを複数用意する必要がある
ヤフオクを使った現金化の特徴一覧表
換金率 クレジットカード利用停止リスク 現金化までの時間
90%程度

手間と労力を惜しまないのであれば、換金率90%程度のヤフオクを使った現金化手法は悪くありません。
やり方は、出品した商品を自分で落札するだけで、その際にYahoo!かんたん決済を利用すれば、手数料を差し引いた金額が現金化できるというわけです。
しかし、出品用のアカウントと落札用のアカウントがそれぞれ必要なため、住所とIPアドレスも複数用意しなければならないという大変な手間が生じます。
そのため、残念ながらほとんどの人にとっては事実上、実現が難しい手法と言えます。

IPアドレスとは
インターネットにつながっているPCやスマホの住所のようなものです。
これにより、別々のアカウントであっても、同じIPアドレスからのアクセスの場合には同一のものとみなされてしまうことがあります。

換金率の高い商品での現金化が危険な3つの理由

腕でバツを作る女性

カード会社にマークされる

クレジットカードの現金化は違法ではないものの、カード会社の規約違反です。
そのため、新幹線の回数券をはじめとした換金率の高い商品のクレジットカード決済は、カード会社にマークされてしまいます。
高額なブランド品であっても不自然な頻度で決済すると、同じくカード会社にマークされてしまいます。

クレカが利用停止になる

カード会社に現金化がバレルとクレジットカード利用停止のペナルティを課されます。
当然ですが、クレジットカード利用停止になると、今後一切、クレカを現金化するのは不可能になります。

バレると一括返済を求められる

現金化目的のクレジットカード利用がバレると、クレカ利用停止にとどまらず、決済した代金の一括返済を求められることにもなります。
現金が必要だからこそクレジットカードの現金化をしたという状況で、一括返済は難しいことでしょう。

結局どの商品での現金化がオススメ?

ここまで、自分でクレジットカードを現金化する6つの方法をご説明してきました。
それぞれの手法に特徴があることがご理解いただけたと思います。

結論としては、ある程度まとまった金額の現金化にはAmazonギフトさらに高額の現金化であればブランド品を使った現金化がおすすめです。
今後一切クレジットカードが使えなくなるというリスクを覚悟のうえであれば、手軽な新幹線の回数券を使った手法も選択肢のひとつとしてありえます。

換金率の高い商品でのクレジットカード現金化まとめ

Amazon

ご自分でクレジットカードを現金化するのであれば、総合的に考えて換金率の高いAmazonギフトを使った方法がもっともオススメです。
ただ、いずれの手法もクレジットカード利用停止リスクが高いということは、心得ておく必要があります。

たしかに、クレジットカードの現金化を考えるうえで換金率は重要なポイントです。
しかし、もっとも大事なポイントはクレジットカード利用停止リスクの低さではないでしょうか。

個人的には、ご自分で現金化することに強いこだわりがあるのでなければ、クレジットカード利用停止リスクの低いインターネットの業者のご利用をオススメします。

コチラの記事では、多数のインターネットの現金化業者を徹底的に比較調査しています。
ぜひ、それぞれの業者の特徴をおさえて、ご自分に合った業者を選んでみてください!

クレジットカード現金化業者比較【2019年最新版】| 人気30社徹底調査でわかった本当におすすめの優良店