クレジットカード現金化をカード会社にバレないように行う方法を解説!

クレジットカードと現金と電卓
明日までにまとまったお金が必要なのに手元にお金がない

そのような状況の対策としてクレジットカードの現金化を考える方もいらっしゃることでしょう。
しかし、クレジットカードの現金化に対して、以下のような不安を感じている方も多いのではないでしょうか。

・クレジットカードの現金化をしたことはクレジットカード会社にバレてしまうのか
・クレジットカードの現金化がバレた場合はどうなっていまうのか
・どうすればリスクなくクレジットカードの現金化が行えるのか

実は、クレジットカードの現金化にはバレる方法とバレない方法があるのです。

そこで、この記事ではクレジットカードの現金化を行うリスクと、クレジットカードの現金化をバレずに行うコツなどをご紹介します!
リスクを減らして安心して現金化を行うために、ぜひ参考にしてみてください。

クレジットカードの現金化がバレるとどうなるの?

首をかしげる女性
まず前提として、クレジットカードの現金化は違法ではありません。
しかし、クレジットカード会社の規約違反となっていますので、バレてしまうとペナルティが発生するなどのリスクがあります。

クレジットカードの現金化にどのようなリスクがあるのか、しっかりと把握しておきましょう。

クレジットカードが利用停止になる

錠前とカード
利用者がクレジットカードの現金化を行っていることをクレジットカード会社が発見した場合、クレジットカードが利用停止になります。

クレジットカード会社は利用規約に違反している者がいないか、購入履歴などのチェックをしっかりと行っています。
そして、クレジットカードの現金化を行っている可能性が高い利用者に対してはクレジットカードの利用停止という措置が取られるのです。

最悪の場合2度とクレジットカードが使えなくなる可能性も

クレジットカード
クレジットカードの利用停止は、利用者への警告の意味合いも含まれています。
しかし、何度もクレジットカードの現金化を行っているという事実が発覚した場合には、強制退会となります。
当然、退会させられたクレジットカードは2度と使用することができません。

また、強制退会の場合はブラックリストというものに記録が残ってしまい、信用情報が汚れてしまいます。
そうなると、新たにクレジットカードを発行することも困難になり、ローンなどの審査にも悪影響がでてしまいます。

クレジットカードの現金化を行う際には、これらのリスクを踏まえて行う必要があるのです。

自分でクレジットカードを現金化するとバレる

膝を抱える人
ここまで、クレジットカードの現金化がバレてしまった際の罰則についてご説明しました。
罰則を避けるためにも、クレジットカードの現金化を行う際は絶対にカード会社にバレないように行う必要があります。

特に、高換金率の商品の売買など、自分でクレジットカードの現金化を行う場合はカード会社にバレるリスクが一気に高まってしまいます。

ここからはクレジットカード会社に現金化を行っていることがバレやすい2つの方法をご紹介します。
これらの方法を行って現金化を行うことは危険ですので、絶対に行わないようにしましょう。

換金率の高い商品の購入はマークされる

ブランド品
クレジットカードを利用して高換金率の商品の購入を何度も行っていると、カード会社にマークされる可能性が高まります。

換金率の高い商品というのは、例えば以下のようなものです。

高換金率の商品の例
・新幹線の回数券
・金券・ギフト券
・ゲーム機器・ゲームソフト
・ブランド品

また、クレジットカードにはキャッシング枠とショッピング枠がありますが、キャッシング枠を満額まで利用している場合は特に注意が必要です。
なぜなら、キャッシング枠を満額まで利用し、それでも現金が足りない場合の手段としてショッピング枠の現金化を行うのが通常の流れだからです。

クレジットカード会社が現金化を行っている利用者を判断する場合にも、キャッシング枠が満額かどうかが一つの指標になっています。
そのため、キャッシング枠が満額の方は自分で行う現金化は特に控えたほうが良いでしょう。

新幹線の回数券の現金化は特に危険!

新幹線チケット
自分で行うクレジットカード現金化方法として有名なのが、新幹線の回数券を使った現金化です。

新幹線の回数券を利用した現金化は換金率が90%以上と高いことが特徵です。
また、クレジットカードで回数券を購入し金券ショップで売却するだけという手軽さもあり、一時期はとても人気の現金化方法でした。

しかし、クレジットカード会社が利用規約違反をみすみす見逃すはずもありません。
現在は新幹線の回数券を使った現金化は、カード会社のマークも非常に厳しくなっています。
新幹線回数券を購入が続くと高確率でクレジットカードが停止されてしまいますので、絶対に避けるべき方法です。

業者を使いクレジットカードを現金化するとバレない

親指をたてる男性
ここまで、自分で現金化を行うのはリスクが高いことをご説明してきました。
それでは、どのような現金化方法であれば、クレジットカード会社にバレずに現金化が行えるのでしょうか?

それは、クレジットカードの現金化業者を利用することです。
なぜクレジットカードの現金化業者を利用すると現金化がバレにくいのか、その理由をご説明します。

決済代行会社を利用するので立場上バレることはない

クレジットカード決済を行う人
クレジットカードの現金化業者を利用すると現金化がバレにくい理由の一つに、決済代行会社を利用している点があげられます。
決済代行会社とは、ショップとクレジットカード会社の間に入って、カード決済のサービスを提供する会社のことです。

自分で現金化を行うと、当然クレジットカードに高換金率の商品の購入履歴が残ることになります。
しかし、クレジットカードの現金化業者を利用する場合、決済代行会社を通して決済を行います。
そのため、何を購入したのかをカード会社が把握しにくいというメリットがあるのです。

クレジットカード現金化業者が決済代行会社を利用する理由
ショップがクレジットカード決済を行うためには、通常は厳しい審査を通過しクレジットカードの加盟店になる必要があります。
しかし、現金化を業務としているクレジットカード現金化業者の場合、クレジットカードの加盟店になることは当然ながら不可能です。
そのため、クレジットカード現金化業者は、決済の部分を決済代行会社に依頼しているのです。

インターネットの業者の利用が最もバレにくい

握手を交わす人
クレジットカードの現金化業者には、店舗型の業者とインターネットの業者、大きく2種類にわけられます。
しかし、店舗型のクレジットカード現金化業者の利用はオススメできません。
なぜなら、違法店も多いからです。

店舗型のクレジットカード現金化業者が摘発された事例
2016年に、東京の上野で経営していた「ギフトショップ天商」という店舗型のクレジットカード現金化業者が出資法違反により摘発されています。
「ギフトショップ天商」は商品買取式でのクレジットカード現金化業者ですが、商品販売と買取を同一の運営会社で行っていたことが問題となりました。

また、店舗型のクレジットカード現金化業者の場合、結局は新幹線の回数券など高換金率の商品を使って現金化することも多いです。
そのため、カード会社のチェックに引っかかりやすくなり、クレジットカードの利用停止リスクが高いのも大きなデメリットとなります。

一方、インターネットのクレジットカード現金化業者は、来店不要で現金化が行えるメリットがあります。
また、換金率も業者によっては80%以上の業者も多く、クレジットカードが利用停止になるリスクも低いです。
ただし、悪徳業者に引っかからないために、優良業者を選定する必要があります。

クレジットカードをバレずに現金化するコツ

クレジットカードを差し出す男性
クレジットカードの現金化をバレずに行うには、いくつかのコツがあります。
まとめると、以下のとおりです。

クレジットカードの現金化をバレずに行うコツ
・高換金率の商品を利用しない
・自分で現金化を行わない
・店舗型のクレジットカード現金化業者の利用を避ける
・優良業者を利用する

クレジットカードを現金化する際に最も大切なことは、優良業者の見極めです。

こちらの記事では、当サイトが調査した結果、オススメな優良現金化業者をご紹介しています。
バレずに安全に現金化を行いたい方は、ぜひご確認ください。